親子で住宅ローンを返済する「親子ローン」とは

公開日:2022/09/15

「親子ローン」とは

最近では、効率的で安心できるという点から、将来的に親と同居したいと考えている人も少なくありません。そこで注目されているのが「親子ローン」です。この記事では、親子ローンの仕組みと利用する条件、メリットを紹介します。リスクについても解説するので、親子ローンの利用を考えている人は参考にしてください。

親子ローンの仕組みとは

親と子が2代に渡りローン返済していくことを、親子ローンといいます。始めは親がローンを返済し、子どもは連帯債務者もしくは連帯保証人となります。親が高齢になり返済期間が確保できなくなった時点で子どもが引き継ぐのです。

親がすでに年金で生活していたり、収入が少なくなっていたりする場合、資産があったとしても住宅ローンを組むことは難しいとされています。安定的な収入がある子どもが跡継ぎになることで、信用を補強して住宅ローンを組むという仕組みなのです。

親子という名前のローンですが、親族や配偶者であっても利用可能なローンです。単独では住宅ローンが組めない人のために、便利な仕組みづくりがされています。親子で協力し合って返済できるので、収入が少ない人や長期ローンが組めない人の悩みを解消してくれるのです。

親子ローンを利用する際の条件とポイント

利用する条件は金融機関によって異なるのですが、主な条件について紹介します。親と子が同居または同居する予定があること、申込者本人の子か孫またはその配偶者であること、子どもが連帯債務者もしくは連帯保証人になることです。

連帯債務者になるのか連帯保証人になるのかは、利用する金融機関によって異なります。親子ローンは、親の年齢ではなく、申し込み時の子どもの年齢を基準にして借入する期間を決めることが可能です。

親の年齢を基準にした場合と比べると、返済期間を長くできるので月々の返済額を抑えられるのです。審査基準は基本的には通常の住宅ローンと変わりません。将来的に跡継ぎとなる子どもの返済能力が重視される場合がほとんどのようです。

親子ローンのメリット

親子ローンを利用する際のメリットを紹介します。

借入金額が上がる

親と子の収入を合わせた金額で返済できる能力があるのか判断します。そのため、単独でローンを組む時よりも、借入金額を上げることが可能になるのです。

借入金額が上がることで、結果的に高額な住宅であっても選択肢に入れることが可能です。妥協せずに理想のマイホームを手に入れられるでしょう。

親が高齢でもローンが組める

住宅ローンは80歳までに完済することが条件とされています。たとえば、親が60歳でローンを組みことになると20年で完済しなくてはいけないことになります。親子ローンは、子どもの年齢を基にローンが組めるのです。

ローンを組むときの子どもの年齢が45歳であれば、最長で35年のローンが組めることになります。返済期間が長くなるため、月々の返済額を低く設定することも可能です。

子の収入が低くてもローンを組める

単独でローンを組みたい場合でも、収入が低いと審査に落ちてしまう可能性があります。親子ローンならば親子の収入を合計した金額で審査を受けることになるので、審査に通りやすいのです。

諸費用が抑えられる

住宅ローンの諸費用を抑えることが可能です。住宅ローンを組む際には、印紙税や司法書士報酬などの諸費用が必要になります。親子ローンは、契約は1件なので、諸費用も1件分となり費用を抑えられるのです。

親子ローンにリスクはある?

次に、注意しなくてはいけないリスクについて紹介します。利用を考えている方は参考にしてください。

親が亡くなっても債務は残る

一般的な住宅ローンの場合は、契約時に団体信用生命保険に加入し、亡くなった際には保険金で残債を支払うことになります。

親が亡くなっても返済は子どもに引き継がれることになるのです。子どもの返済の負担が増えるリスクがあることについて認識しておきましょう。

新たなローンを組みにくい

親子ローンの返済中は、ほかの住宅ローンを組むことが難しいといわれています。親が返済中であっても、契約上は子どもも債務者となります。

そのため、ほかの住宅ローンを申し込むとダブルローンと判断されてしまい審査に通りづらいでしょう。

将来マイホームを持ちたいと考えていても完済するまではローンを組めないので、ライフステージの変化に対応が難しいというリスクがあるのです。

相続トラブルにつながるリスクがある

親子ローンを組む子に兄弟がいる場合は、相続トラブルにつながりやすいというリスクがあります。基本的には、親が所有している物件は子ども全員に相続する権利があります。

親子ローンを組んでいる場合は、物件の相続権はローンの継続者である子どもが持つことになるのです。相続のことまで見越して事前に兄弟間で話し合っておくことが大切です。

まとめ

親子ローンは、借入金を増額することが可能で、ローンが組みやすいというメリットがあります。妥協が少なく満足のいくマイホームが建てられるでしょう。

しかし、ライフスタイルの変化には対応しにくく相続トラブルにつながりもつながりやすいというリスクもあります。メリットだけでなくリスクについても考慮しながら、親子でしっかり話し合うことが大切です。

【大阪】おすすめの不動産会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名住商ホームSEIMUホームプラウデストレジデンス城東三和プランニングセンチュリー21
特徴低価格で高品質な家をライフスタイルに合わせて設計してくれる設計士や住宅ローンアドバイザーが在籍しており、プロの方に相談できる不安を一つひとつ解消できるよう努めている施工や土地探しなどトータル的に住まいづくりをサポートしてくれる最大70%の揺れを軽減可能な地震に強い家を建てられる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧