エスリードハウス株式会社の口コミや評判

公開日:2022/03/01

エスリードハウス株式会社
住所:〒531-0075 大阪市北区大淀南一丁目5番1号 ケイヒン梅田ビル4階
TEL:06-6345-2130(代)

エスリードハウス株式会社は2016年に大阪市でエスリードグループの一社として設立したハウスメーカーです。設立したばかりですが、「安全」を最優先にし、厳しい検査体制や手厚い保証を完備しているハウスメーカーです。今回はこのエスリードハウス株式会社について紹介します。

「住む人の立場に立った住まいづくり」がコンセプト

エスリードハウス株式会社は「住む人の立場に立った住まいづくり」をコンセプトに「検査体制」「災害に強い住宅」「保証体制」の3つを重視し、住宅の施工を行っています。これらの3つを重視することで、災害の多い現代でも丈夫で長く暮らせるマイホームを実現しています。それでは、「検査体制」「災害に強い住宅」「保証体制」をくわしくみていきましょう。

安心を最優先した検査体制

エスリードハウス株式会社は住宅の「安心」を最優先にしています。そのため、住宅の検査体制に力をいれており、施工検査の項目は、自社による検査だけではなく、第三者機関による検査も5回実施しています。

通常、建築基準法に定められている第三者機関による現場検査は、建物完了後に行われる完了検査1回のみといわれています。こうしたことから、エスリードハウス株式会社が検査体制に注力していることがうかがえます。

また、基礎の配筋、構造など完成してしまっては目に見えない部分も、第三者機関が検査します。では、エスリードハウス株式会社の検査体制について見ていきましょう。

配筋検査

まず、エスリードハウス株式会社では、配筋検査を行います。配筋検査とは、家の基礎工事の際、基礎の鉄筋が設計図通りに正しく配置されているかどうかを確認する作業です。この作業は建物の耐久性や強度に直接影響するため、重要な検査といえます。

基礎型枠検査

基礎型枠とは、コンクリートで建物を作る際に、コンクリートを流し込むための型のことです。コンクリートの内部は強いアルカリ性を保っているため、鉄筋が酸化しにくく、腐食から守られるという特性があります。

しかし、コンクリートの内部に空気中の炭酸ガスが反応すると、このアルカリ性は失われます。そうしたことを防ぐため、鉄筋の周りに流し込んだコンクリートの厚さ(かぶり厚)を適正に維持することで、長く鉄筋の腐食を防ぐ必要があります。基礎型枠にコンクリートを流し込む際、鉄筋の周りに流し込んだコンクリートの厚さ(かぶり厚)が充分に確保されていないと、鉄筋の腐食が進んでしまうため、強度が維持できなくなります。

そういったことから、基礎型枠の検査をすることは、適切なかぶり厚を維持し、住宅の傾きや倒壊を防ぐための重要な検査となります。また、エスリードハウス株式会社では、第三者機関にもこの検査を依頼しています。

躯体検査

柱や梁、筋交いなどが設計図通りに配置されているか、各資材の接合部分のくぎやボルトなどがきちんと設計図通りに配置されているかをひとつひとつ検査します。柱や梁、接合部分のくぎやボルトなどの検査は、家の安全性には必須の検査といえるでしょう。

外装下地検査

雨の日に、雨漏りしないように、建物内部の防水層が適切に施工されているか検査します。エスリードハウス株式会社では、内部の防水紙や防水テープといった外装下地の検査を第三者機関にも依頼しており、室内に雨漏りがないよう厳重な検査がされています。雨漏りは、木材を腐食させるため、とくに木造住宅では重要な検査となります。

断熱材検査

家の中に設置する断熱材が、きちんと基準通りに施工されているかをチェックします。快適な居住を実現するには、断熱材の適切な施工が欠かせません。エスリードハウス株式会社は、断熱材の検査にも第三者機関に依頼しています。

完了

すべての工事が完了した後、建物・外構のすべてが設計図通りに作られているか確認します。また、完成した住宅が、快適に生活できる建物となっているか確認します。

災害に強い性能を完備

エスリードハウス株式会社は、住宅の「安心・安全」に力を入れています。住宅が「安心・安全」であるために、「自然災害に強い家」をつくるための工夫として次のようなことを取り入れています。

ゴムで揺れを吸収する「耐震ユニット」ミライエを採用

エスリードハウス株式会社は、「耐震ユニット」ミライエを採用しています。ミライエは、地震の揺れ幅を最大95%低減すると実証された耐震ユニットです。

ミライエは、特殊高減衰ゴムにより、瞬時に揺れを熱に変換し吸収・発散し揺れを低減します。また、耐震性能が90年間持続されるといわれ、メンテナンスも不要で、設置場所も1階に4か所ですむため、コストパフォーマンスのいい「耐震ユニット」といえます。

省令準耐火構造を採用

「省令準耐火構造」とは、外部からの延焼防止構造や、各室防火構造、他室への延焼遅延構造を備えた住宅で、準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、基準に適合している住宅です。準耐火構造に準ずる防火性能を持つ家として、火災保険料も安くなります。

入居後も快適に暮らし続けられる保証体制

長く快適に暮らすためのマイホームには、アフターフォローも大切です。エスリードハウス株式会社は、住宅完成後の保証やアフター点検も完備しています。

安心のアフター点検

エスリードハウス株式会社の住宅を購入後、約3か月後、約1年後、約2年後に無料の定期点検を行っています。破損箇所によっては有償になることもありますが、定期的に家の状態をプロにみてもらえるため、安心して住むことができるでしょう。

瑕疵担保責任保険の加入

万が一、エスリードハウス株式会社が倒産しても、建物や土地に問題があった場合、保険業者から補修費用を受け取ることができます。建物は引き渡しから10年間、土地は工事着工から20年間の保証があります。

長期修理保証サービス「ホームワランティ」を制度化

エスリードハウス株式会社のグループ会社である「エスリード建物管理」が、エスリードハウス株式会社で購入したインターホン、グリルコンロ、レンジフードファンなどに対して5年間の延長保証サービスをつけています。また、該当の給湯器や大阪ガス設備に対しても最大10年間の保証がついています。

 

エスリードハウス株式会社は「安心」を最優先に、住宅の検査体制を強化しており、自社での検査のほか、第三者機関による検査を5回も導入しています。また、引き渡し後のアフターフォローや手厚い保証も完備しており、丈夫で安心してくらせるマイホームを建築できるでしょう。住宅の安全性や住宅設備のアフターフォローを重視したマイホームを建てたい方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

【大阪】おすすめの不動産会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名住商ホームSEIMUホームプラウデストレジデンス城東三和プランニングセンチュリー21
特徴低価格で高品質な家をライフスタイルに合わせて設計してくれる設計士や住宅ローンアドバイザーが在籍しており、プロの方に相談できる不安を一つひとつ解消できるよう努めている施工や土地探しなどトータル的に住まいづくりをサポートしてくれる最大70%の揺れを軽減可能な地震に強い家を建てられる
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧